Profile

 

外山 安樹子 (AKIKO TOYAMA) Pianist/Composer

 

札幌市生まれ。6歳よりヤマハネム音楽院にて作曲、演奏法、理論等を学び、自作の曲やクラシックで国内外のコンサートに出演。1993年にはフランスでの国境なき医師団のチャリティーコンサートに参加。フランス国立放送管弦楽団と共演し、その模様がテレビ放映される。他に札幌交響楽団、大阪ニューフィルハーモニーなどと共演。  

 

 進学のため上京し、早稲田大学で法律を学んだ後、ジャズに出会い、独学と実践で勉強を始める。鈴木ウータン正夫(ds)菊地康正(ts)吉野ミユキ(as)ら数々の実力派ミュージシャンと共演を重ねると共に、2007年9月にはYPMレーベルからデュオ1stアルバム『Lilac Songbook』2009年9月には自己リーダートリオで2ndアルバム『All is in the Sky』2011年7月3rdアルバム『Ambition』2013年11月4thアルバム『Nobody Goes Away』2016年4月5thアルバム『Tres Trick』をリリース。それぞれの収録曲が『ジャズ批評』誌にてジャズメロディ賞受賞。2010年1月に出版された「W100ピアニスト」にて日本の女性ピアニスト100人に選ばれて掲載される。

各地ライブでのアルバムの売上は驚異的と言われ、聴いた人ほとんどがCDを持ち帰るということも少なくない。「ジャズライフ」等各ジャズ雑誌のレビューで好評を得るほか、ラジオのオンエア、出演など多数。楽器店や個人レッスンで多数の生徒も持ち後進の指導にもあたっている。また、ジャズの普及のため「ジャズレクチャー付きライブ」などにも積極的に取り組んでいる。